●人生なんてそんなもん

 

そもそも標準版の「マスタード・パフェ」がネタ詰まりによって更新の頻度があまりに少ない(サボり過ぎ?)という理由から、もっと短めにサクッと書けて読めて、頻繁な更新ができるコーナーとして誕生したのが、この「マスタード・パフェ・ミニ」のコンセプトであったはずです。
ところが、ふたを開けてみるや意外や意外!(おいおい)
やっぱり更新の頻度が曖昧になってきた!

さっそくお叱りの声を頂戴する始末となったのでありあした。(すんません!)

と言うわけで、「言われたからやる!」という訳ではありますが、やっと更新いたします。
「言われたからやる」「言われなければやらない」というのは制作に携わる者の常でありまして、「これぞクリエイター魂!」などと馬鹿な事を書いていると、また叱られますね(^ ^ ;;;

 

さて、「俺は何をやってもついてない・・・・」「自分は今までいろんな事をしてきたけど、うまくいったためしが無い・・・・」と嘆いている人ってけっこういますよね。
もちろん、たまたまその時の気分が落ち込んでいたり、何か失敗をしでかした時にそう思うだけであって、いつもいつも嘆いてばかりという訳ではない場合が多いと思いますが・・・・。

最悪なのは、自分では何もしないくせに「あなたは何をやってもうまくいかない」「君は何をやらせても成功したためしが無いね」などと相手に対して言う輩(やから)ですが、そういう救いようのない馬鹿はともかくとして、失敗が重なると、どんどん落ち込んでしまって、自信を無くしてしまい、また失敗を繰り返してしまう・・・・、そんな事ありますよね?
私はしょっちゅうです。
そしてついには、もう新しいことにチャレンジすることはやめよう。何もしないようにしよう・・・・、と考えてしまい、次第に無気力になっていく。
私も過去に何度かありました。

そんな時、こう考えてみるのはどうでしょう?
「何をやってもうまくいかない」「何度やっても失敗ばかり」と言えるほど、何度もチャレンジしたか?
人生上の、ビジネス上の、もしくは生活上の、大事なポイントで勝負をしたことが実際に何回あったか?

「何をやっても」「何度やっても」と言ってもせいぜい10〜30回くらいじゃないですか?多い人でも50回くらいかな?
50回も勝負に出たとすれば、たとえ結果は失敗だとしても、それはそれで凄いことだし、価値があるような気もします。
まして人生において、100回も勝負どころがあるなんて事自体、ちょっと希有ですよね(^ ^;;

ここでちょっと視点を変えてみましょう。
「宝くじ」を買った事がある人、けっこういますよね?
「競馬」はどうですか?(私も15年前まではけっこうやっていました)
「パチンコ」「パチスロ」は?(私はあまりやらないので、よくわかりませんが・・・)
様々な商品の懸賞は?

私が昔よくやっていた「競馬」の話ですが、大きな勝負で大勝ちしたことって、ほとんどありません(^ ^ ;;; 小さな勝ちだって数えるほどです。 トータルでは大負けです!(ほとんどの方がそうですよね)

たかだかギャンブルでさえ、その程度の勝率です。
まして「人生」「ビジネス」「生活」の場での勝負なんて、100回に1回当たれば「御の字」です!

20回失敗した方、まだ80回チャンスはあります!
30回失敗した方、まだ70回チャンスがあります!
50回失敗した方、やっと半分です!

発明王エジソンの話ですが、彼は電球のフィラメントの素材を探し求めるまでに2万回の試行錯誤を繰り返したそうです。
つまり1万9999回の失敗をしたと言えるかもしれません。
でもエジソンに言わせると、
「私は1万9999回まで『これでは駄目だ!』という発見をしたのだ。そして2万回目に成功したのだ」
と言うことらしいです。

20回失敗した方、まだ1万9980回チャンスはあります!
30回失敗した方、まだ1万9970回・・・・・・・・(笑)

 
2004/5/7

▲TOP  ▲前ページへ ▼次ページへ