マスタードパフェ


<夢> 

 本当に久しぶりの更新です。1年ぶりくらいでしょうか。
その間、色んな事があったり、何も進まなかったり・・・・。それでもなんとか暮らしてきて・・・・。

 本当に人生が嫌になってしまうような事も、何度もありました。
まぁ、こんなマイナス思考は、今に始まった事ではないのですけどね(^ ^;;苦笑)

 昨日、1枚の葉書が届きました。
公私ともに仲良くさせていただいた方の訃報です。

  仕事の上では、とても丁寧な仕事をする方で、イラストに関しては、その方に全幅の信頼を置いていました。でも、時々明らかに手を抜いたな?!という時があると、私も容赦なくダメ出しをして、そうするとその方も、必死でより良い物を仕上げて下さり・・・そんな感じで仕事上のお付き合いをさせて頂いていました。

 また、個人的にもとてもしっかりした方で、優しい方で、努力家で・・・・。
ご家族の事を常に考え、また、ご家族もみなさん優しい方々で・・・。
その方(女性です)のご主人とも、仲良くさせていただいておりました。
お嬢さんも、小さな時から知っていました。

 数年前、その方が「癌」を告知され、長い闘病生活に入ったときも、ご主人は明るく、前向きに振る舞われ、献身的に看病を続けられたそうです。
並大抵な事ではなかったと思います。
仕事を抱え、子供を抱え、奥さんの看病の為の毎日の病院通い・・・。
(私がこんなところで安っぽく書く事ではないのでしょうね・・・)

 そして、病気を克服されてから何度かお会いしましたが、そんな大病を患ったとは思えないほど、以前にも増して、明るく、元気で、私も本当に安心しました。そして、ご主人も、感病時のご苦労を笑って話せるような方で、以前にも増して、お互いを思いやれる、とても良い「家族」という感じが、にじみ出ていました。

 直接お会いする機会はなかなか無かったのですが、その後も仕事の面では何度もお世話になり、メールでのやり取りが続きました。
その方は、病気を機に益々活動的になられ、「富士登山」や「バイクの免許取得」など、様々な事に挑戦されました。
その頃のメールのやり取りを読み返してみて、私が
「いまさらバイクの免許ですか〜〜〜???」と冗談を書いたメールに答えて、
「今出来ることは、今やらないと、2年後、3年後ではやる気も無くなってるかもしれないし、病気の再発という怖さもあるんです」と、返信がありました。

 すごい人だなと、思いました。
きっと、この人は、色々な夢があって、その夢を一つずつ叶えて行くんだな、と思いました。

 人はみんな夢を持っています。
そして、その夢に向かっていく方法も、少しは知っています。
そんなに大袈裟な事ではなく、一歩踏み出してみる。
その一歩を怖がったり、面倒くさがったり、理由をつけて先延ばししてみたり・・・
そうして、せっかくの夢からどんどん遠ざかってしまうのでしょう。

 彼女の死は、あまりに突然で、今でも信じられません。
先週、メールを送り、次の仕事の事で打ち合わせをしようと思っていたところだったのです。メールの返信のかわりに来たのが、1枚の葉書だったのです・・・。

 きっと彼女は、もっと沢山の夢があったと思います。
そして、長い時間をかけて、一つずつ夢に向かって歩いていくつもりだったのだと思います。

 「死」の前に、人間は無力です。運命に逆らうことはできないのかもしれません。
でも、生きている限り人間には、前に進む力があります。 運命を切り開く力があります。
彼女が叶えられなかった夢は、きっとご主人や、お嬢さんが叶えてくれます。
私も、彼女が歩もうとしたように、一歩ずつ、前に進まなければなりません。

ヨシエさん、 あなたのご冥福を、心から、心からお祈り申し上げます。

 

(4/Dec/2007)

▲Page-TOPへ ▲前ページへ ▼次ページへ